Skip to content


日本人とのぼりの話

今回、お話したいのは「のぼり旗」についてです。

「のぼり旗」と言えば、大活躍しましたね、最近の話ですが。

東京メトロ東西線東陽町駅前で通り魔が暴れたとき、勇敢な男性が近くにあった「のぼり旗」を手に取り、刃物を振り回す犯人に、「のぼり旗」で突きまくり動けなくなった所を、一気に取り押さえたということがありました。

刃物を振り回す犯人と対応すると言うのは非常に危険なことです。

ですから、警察は長いサスマタで犯人に対抗するのですが、警察が間に合わない時には、このような方法があったのかと私は感心してしまいました。

その判断力と勇気には感服です。

「のぼり旗」というのは、平安時代から日本人に愛されてきました。

時代が代わり平成の世の中になってもそれは変わりません。

日本人にとって今まで大切であったモノでも時代の流れによって消えていったモノは多くあると思います。

しかし、「のぼり旗」は生き残っているばかりか、今、現在でも活躍しています。

コンビニエンスストアやパチンコ店などの前を通りますと、必ず「のぼり旗」が立っていますよね?時代に合わせて変化続けていけるのは、そのシンプルな形のためだと言えるでしょう。

Posted in 日本人とのぼり.